2018年4月11日 (水)

2018.4.10 油山

 暖かな日差しの中、春と秋に油山を歩いている仲間と散策です。
P1020194
園芸公園の売店前に集合。
毎年ここの枝垂れ桜がきれいな時に集まるのですが、今年は終わってました。
P1020195
今日は噴水も稼働中

売店で園芸公園で採れたオレンジを予約して出発。
P1020197
桜もすっかり散ってしまっていた
P1020198
登山口入口の八重桜はまだ咲いていました。
P1020199
30分ほど急な道を登ると夫婦岩展望台へ出ます。
右手上に中央展望台が見えます。ここからの桜は吉野に匹敵ですが
すっかり終わっています。
P1020200
黒文字の花でしょうか。
P1020201
朴の木が新しい葉っぱを出して花もそろそろですね。
P1020202
桜?の種類らしいです。犬桜?カスミ桜?
P1020204
すみれも存在感を出しています
P1020205
ツツジも咲き始め
P1020206
山頂までほとんど無言で登りあがりました。
暖かいのでここでランチ
P1020207
筆竜胆もきれい
P1020208
キランソウだって負けないわ!ジゴクノカマノフタなんて別名誰がつけたのか?
P1020209
植えたものですがシャクナゲも咲き始めてます。
P1020211
絹糸の滝
P1020213
こぶしももう新緑です
自然観察センターでコーヒー100円が飲めるようになったのでコーヒーブレイク
P1020215
良い香りに上を見上げたら朴ノ木の花






























| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年2月23日 (金)

2018.2.9~11 東京

 結婚式のために上京。
P1020086
冬は富士山見られて飛行機に乗るの好き。

P1020090

久しぶりに築地に行ってみた
P1020092

築地も移転してしまうかなあ

P1020101
ニューオータニの庭で。東京の好きな場所
P1020105

しっかり者の花嫁さん
宇野昌磨君みたいにかわいかったN君
かなり緊張で固まってた。
生まれたときからよく面倒を見ていたので結婚して
しまうなんてちょっと寂しい

P1020106
ホテルから東京海洋大学が見えました
P1020107
練習船
P1020112
ホテルの庭で
P1020118
またね!















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018,2,6 難所が滝

冷え込み厳しい。
雨、雪と続き難所が滝を見に行くにはチャンス!
が、車を出していただいたYさんはタイヤも冬用、万全でしたが
雪のため道は滅茶苦茶渋滞。
ずいぶん時間をかけて登山口にたどり着きました。
P1020069


P1020077




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018久しぶりに雪山2月3~4日

 この冬は格別寒さが厳しく感じられました。

歳のせいかなといつものパターンで決め込んでいましたが、寒さに震えていても
仕方がない。
雪の沢山降るときは雪を楽しまなくては…
などと偉そうに安芸冠山へ。
まさに雪国でした。
P1020029
まずは久しぶりの雪に慣れよう
P1020031
足をとられて…  起き上がれなかったり
P1020033
わかんを付けてエイエイオー

P1020043

雪は深いけど春の日差し
P1020048
翌日は暗いうちから歩きだす
P1020049
雪、雪、雪
P1020052
先頭を行くTOSHIKOさんはガシガシ進む
さすがモンブラン登頂組
P1020060
吹雪の中を行進だ
P1020059
とても山頂まではたどり着けませんでした!!
















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月23日 (土)

2017.11.30 山口市探訪

 人知れぬ名所を探し出す名人TさんCLと山口県出身のFさんSLのコンビで
山口市が組まれました。
通り過ぎるけれど訪れたことないなあということで… 何があるのかな?

最初に山口神社
前を通ったことはあるけれど…訪れるのは初めて
西の伊勢神宮と呼ばれ、伊勢参りが遠すぎる人たちのために伊勢神宮の
分霊神社だそう。
20年ごとに遷宮もするそうで簡素な造りが清潔です。
Img_20171130_094957
石段を登っていくと
Img_20171130_095338
更に石段。折りしも紅葉した葉っぱで赤い絨毯
Img_20171130_095642
奥にある神社は簡素です。
20年ごとに遷宮されるそうです。
Img_20171130_103046

神社の中が鴻ノ峰の登山口になっていて、途中に奥の院の洞窟
入口に行くのは滑りそう
Img_20171130_104817
あまり明瞭でない登山道をよじ登って出たところは城跡
Img_20171130_105203
高度はないけれど雲海も出て山城らしい雰囲気
Img_20171130_111249
広々している
Img_20171130_112558

石垣が崩れていたり、古い井戸がありここで生活していたのでしょうか。
Img_20171130_121835
下りは正しい道を下り途中でランチタイムにしたり
Img_20171130_130336
山から下り旧山口県議会へ
Img_20171130_130923
びっくりするほど素敵な建物でした。帝国ホテルの設計者ライトの弟子によるもの。
山口県は昔から政界の大物を輩出していてこんな立派なものができたのかな。
道路も安倍首相のおかげでとても良いのだそう。
SLのFさんの妹さんと叔母さんが山口市にお住まいとのことで差し入れをいただきました。
Img_20171130_134536
藩校だった門が移築されていました
Img_20171130_142143

最後に龍蔵寺を訪れて紅葉満喫でした
























| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月14日 (木)

2017.11.26 太宰府天満宮周辺

 山の会の忘年会が太宰府市内山公民館であり、午前中は3つの
グループに分かれての山行で私は大宰府周辺に参加しました。
よく行っている場所なのに意外と知らない。
太宰府駅に集合。
午後はオークションがあるので私は家にあった焼酎三岳を出品。
幹事が太宰府駅に待機していてオークション出品の品を集荷してくれた。

大宰府駅から出発。
早速梅が枝餅を購入。皆で熱々を食べながら…。
Img_20171126_091851
時間が早いのでまだ人出は少ない。
Img_20171126_092115
境内は紅葉がきれいです。
Img_20171126_092407

最初に光明寺へ行きました。

この時間閉まっていたのですがあらかじめCLが話を付けていてくれたので
すんなり入れました。
とても立派な禅寺です。
Img_20171126_092707
丁度紅葉ピークのお庭。
私が知らなかっただけで福岡の人は皆さん知っていたという有名なお庭でした。
Img_20171126_095143
天満宮は中国系、韓国系の人でいっぱい。
お参りはパス。つい先日お受験の孫のためお参りしたからいいわ!
Img_20171126_100027
裏の稲荷神社へ。
Img_20171126_102743_2

九州場所中で丁度話題の伊勢が浜部屋がありました。
周りは記者さんがいっぱい。
Img_20171130_094957
歩いて内山公民館へ向かい、オークション楽しみました。

福岡周辺歩くといろんな発見がありそう。













| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月10日 (日)

2017.11.20~23 京都一周トレイル 紅葉の中を行く

京都市が京都一周トレイルというのを作って地図も5枚発売しています。
友人のNさんが女性3人で全制覇したお話を聞いていてとても興味を持っていました。
前から京都に行くたびに京都の町を取り巻く山を見ながら歩いてみたいなと
思っていました。
京大山岳部もこの山々でトレーニングと聞いていたし。

京都出身のYさんが計画してくださり4月と今回の2回に分けて
春は桜の中を、秋は紅葉の中を歩けて大変楽しいコースでした。

しかし全長600km!
今回は10月に近畿地方を襲った伊勢湾台風並みの大型台風のために
倒木多く、通行止めのところもあり予定変更もあり全制覇はまだできていません。

昔から京都は好きで(息子も姪も京都の大学だったし)とてもよく訪れているのですが
京都一周トレイルは観光京都とは違った場所を訪れるので春も今回も
本当に楽しむことができました。

11月20日(月)博多駅集合ソニックに乗って小倉駅へ。
 フェリーの専用バスでフェリー乗り場、名門大洋フェリーで大阪南港へ。
夕食はみんなで持ち寄って船室で宴会。こんなのとても楽しい。

11月21日(火)4時半下船、いろいろ乗り継いで銀閣寺道から出発。
P1010915
春に来た時大文字山の火床を見たいと言ってコースから少し外れてしまい、
宿に着く時間が遅くなってしまうので、ここでタクシーに乗って八瀬駅からケーブルで
比叡山に登ってしまったので今回はやり残した宿題の消化で歩いて比叡山に
登ることになりました。
P1010916
東山 52-1が今回の出発点です。
P1010918
山茶花の咲く白川沿いの住宅地の中をしばらく歩いていくとやがてだんだん山道に
なっていきます。
P1010928
このあたり少し迷いました。
P1010930
山道を登っていくと清延山。茶谷四郎次郎の別宅があった場所。
P1010931

京都の街並みが見えます。
P1010934
瓜生山。
P1010938
歩きやすい道を楽しみながら少しずつ登っていきます。
P1010942
一乗寺林道終点ですね。さあ登りになるぞとザックのひもを締め
P1010943
東山トレイル64番まで歩いてきました。
P1010946
山は紅葉する木が少ないのかな?
P1010948
石鳥居
P1010949
この広い道をそのまま行ったら楽そうなんだけど…
トレイルに忠実に歩かなくてはいけないので沢道へ降ります。
P1010950
山道らしい
P1010953

比叡山頂に近づくにつれてだんだん登りになっていきます。

P1010959


P1010958
北山杉はどこもよく手入れされています。
P1010962
東山トレイルが終わり北山1番になりました。
ここから先は前回歩いているので今回はロープウエイで比叡山山頂を目指す。
P1010966
大比叡山の三角点を見つけられないまま琵琶湖を眺め、真っ白になった伊吹山
を眺めて、ケーブルとロープウエイを使って八瀬駅へ下山。

出町柳から東福寺へ出て、東福寺観たかったけれどこの季節物凄い人出で
見学はとても無理とのことで京都駅から高雄行きのバスに乗りました。
1時間少々で高雄観光ホテルへ。
夕食後ライトアップされた神護寺の石段見学。
P1010979

P1010977
とても幻想的でした。

11月22日(水) 朝食前に神護寺見学。
誰もいない静かな境内は荘厳で心ゆくまで堪能しました。
P1010982
三百段の石段。灯篭の絵は小学生たちの作品。
P1010987
本当に雰囲気のある素敵な場所でした。観光客がいないっていいですね。
P1010988
宿に戻って朝食、朝の運動の後の朝食はとても美味しい。

朝食後に高台寺に宿の車で送っていただく。
高台寺は鳥獣戯画で有名ですが、入山と鳥獣戯画のあるという僧房と二重に
入場料を取りチョットネという感じでした。
この時期京都博物館で国宝展をやっているのでそちらに行ってるかもしれないし…
というわけで神護寺のほうがずっと雰囲気があってよかったです。
でも歌は京都~note栂ノ尾高山寺~noteというのは何故?ということになり
歌詞として字数があったからということに落ち着きました。

高山寺から宿に戻り
P1010996
高雄橋そばの
P1010997
北山90番から出発
P1010998
対岸に8月にツアーで来た時の川床料理の建物が見えます。
P1020001
北山杉の中を…
P1020010
沢に沿って…
P1020011
清滝へ向かいます。
P1020013
嵐山近くになってくると人がうんと増える。
P1020017_2
お腹が空いたのでお茶やさんでお薄とお団子をいただく。
私たちが出て来たら入ろうか迷っていた外人さんが座った。
P1020021
時間があったので二尊院へ。
Img_20171122_135731

紅葉真っ盛り

Img_20171122_135927
二尊院で
Img_20171122_145657
嵯峨野の人ごみの中を歩く。迷子になりそうshock
P1020027_2

阪急嵐山駅に出てこの季節にしか走らないという特急に乗り、淡路駅で
新幹線で帰るKさんと別れ大阪南港へ。
フェリーに乗り込むころには本格的に雨が降り出してきて、ラッキーな
旅でした。


































































| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月 8日 (金)

2017/11/2~3 吉備路風土記の丘と松山城

 ちょっと古いのですが山の会の定例山行で岡山の旅でした。
山だけでなくこんな企画があるのが会のありがたさです。
吉備路なんて聞いただけで心が躍ります。

吉備津の釜、雨月物語にあったけどどんな話だったけ。

というわけであんまり勉強もせずに参加しました。

11月2日(木) 新幹線で岡山へ。広島の次なので結構遠い。

岡山から桃太郎線で吉備津駅へ向かう。
P1010819
寂しい無人駅。お掃除していたおじさんがどこへ行くんだとついてくる。
P1010820

マンホールの蓋が桃太郎
さてなぜ岡山が桃太郎なんでしょう?ブラタモリ風に。
P1010821
吉備津神社へ向かう参道
P1010822
吉備津神社官弊中社。由緒ある神社です。
P1010829
ミニ出雲大社の風格
P1010835
回廊もすごい
吉備津の釜はこの境内の中にありました。
今も占ってくれるようで火が絶やさずにあり、これでお湯を沸かして釜が鳴れば
吉。鳴らなければ凶。
P1010838


吉備津神社からタクシーで造山古墳へ。
自然の山を古墳にしてしまったような大きな古墳でした。
P1010839

古墳の上から吉備路を眺める。秀吉の水攻めで有名な高松城

P1010844
吉備路を歩いていくつかの古墳を見ながら国分寺へ。
P1010856_2
大和路を歩いているようです。
タクシーで東総社駅へ行き、高梁市へ向かいます。
知らない地名ばかりでした。
高梁市のホテルに泊まり夕食は居酒屋で。

11月3日(金)
朝は雲海を見に。雲海と言えば竹田城くらいしか知らなくて雲海出ているといいな。
朝起きたら高梁市市街は濃霧でした。
タクシーで走っていると山は霧は晴れていて街に雲海が一面に。
展望台に着きました。たくさん人がカメラを持って並んでいます。
「皆さん、何を待ってるの?」と無知な私!
P1010864
到着したとき
P1010867
アララ!可愛いお城が浮かび上がってきた
P1010869
と、思っていたら…
P1010874

また霧の中へ

素晴らしいショーでした。

この後待っていていただいたタクシーでお城見学
P1010883

現存する数少ない山城とのことでとても雰囲気のあるお城でした。

お城から高梁市の武家屋敷など見学。
P1010893

古い町並みがよく保存されていて映画のロケも多いそうです。

高梁から総社市へ向かい鬼が城へ。
温羅という豪族が支配していてそれを退治したのが桃太郎伝説の始まりだそうです。

山の上に復元ですが山城がありました。

P1010898


P1010899


見ごたえたっぷりの二日間の旅でした。

























| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月24日 (火)

2017.10.20~21麦茶の会IN山中湖

 毎年集まっている大学時代のサークル仲間の旅行です。
今年は山中湖ということで富士山たっぷり観賞!!と楽しみに行ったのですが…
世の中思い通りにはいきません。downwardright
ここ数年いつもお天気には恵まれていたので少々おごりが、、coldsweats02
 

例年11月に集まっていたのですが、昨年の集まりの直後息子さんを亡くされた
Oさんが1周忌なので早めてほしいとの要望がありました。
大切な跡取り息子さんで本当にお哀しかったことと思います。

三島駅に集合。

P1010733

P1010724

三島は富士山の溶岩帯の先端で富士山からの湧水で有名です。

P1010725
いろんな有名人が訪れています。
街はとても整備されています。
でも正岡子規の句にあるような富士は今回は見えずweep
P1010726
芭蕉さんも訪れてたんですねえ。まあ見えない日もあるさ!ってこと?
P1010730_2

三島大社へお参り。源頼朝が源氏の復興を祈願して鎌倉幕府から手厚く
保護されたそうでとても立派です。
P1010731

七五三のお祝いでした。

P1010732
三島駅から宿の迎えのバスに乗って1時間20分。

福岡から大変遠い!!!

宿は毎年Kさんが予約してくださるエクシブ山中湖サンクチュアリ
1年に一度だけセレブの仲間入りさせてもらいます。

P1010734
部屋のお風呂、真正面に富士山! のはず
P1010736

部屋のベランダから真正面に富士山! のはず
わずかに霧に煙る山中湖cryingbearing

P1010746
仕方がないのでお部屋の中の写真
P1010749
仕方がないのでお部屋の中のお花
P1010751
お出かけもしないでロビーでおしゃべり

山中湖の観光はなしでまたホテルのバスで三島へ。
三島駅のすぐ前に楽寿園という場所があり訪れました。
(老人ホームではありません)

明治維新で活躍された小松宮彰仁親王という方の別邸だったそうです。
P1010755

富士山の溶岩流の上に作られていて大変興味深い場所でした。
P1010761
明時時代の建物
P1010757
溶岩だらけ
P1010765

昔は富士山の伏流水で池だった庭園が周りが開発されて水が枯れてしまい
池の底の溶岩むき出しです。これはこれで興味深かったです。
P1010766
雨の中
P1010768
この灯篭に使われている岩、巨大。

今回はお天気に恵まれなくてちょっと残念な旅でしたが、1年ぶりの再会と
お寺のUさんのわかりやすい法話と美味しいイタリアンとワインで楽しい二日間
でした。
帰りの新幹線も長~く、最近は出かけるたびに移動時間に耐えられなくなってきて
来年はどうなるかなあと思いながらの帰宅でした。






























| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月 3日 (火)

志賀高原(白根山お釜・横手山)

 前々から姉から志賀高原の保養所へ行かないかというお誘いがあり、
ツレがクラス会で3日ほどいないのでチャンスと出かけました。
名古屋で岡崎へ向かうツレと別れ、岡崎から来た姉と合流。
志賀高原は昔スキーで訪れたが雪景色とゲレンデしかいないので
どんなところか全く記憶がない。そもそもスキーは全く上達しなくてあまり
楽しかった記憶もない。

名古屋から中央線で長野へ。長野も松本から遠いですねえ。長野から
バスに乗り1時間。大きなバスに乗客2人!

P1010620

 シーズンオフで宿もガラガラ。
P1010623_2
宿の周りには秋の花。

P1010625_2
サイヨウシャジン
P1010626
バスに乗って一日フリー切符で白根山まで行きました。
7月に来た時はお釜を見てなかったのでお釜まで登ります。
P1010630

白玉の実がなっています。
P1010635
7月に登った本白根山方面 古い火口です。
P1010636
こちらは噴火の危険があるとかでしばらく立ち入り禁止になっていました。
相かわらずきれいなブルーです。
後ろの爆裂口もすごい

またバスに乗り渋峠を越えて横手山へ。
P1010642
スキー場なのでしょうが緩やかです。
P1010645
横手山山頂の祠。生憎ガスが出てきてしまいました。
P1010648
ニ等三角点タッチ
P1010650
ゴゼンタチバナの真っ赤な実。

P1010652
横手山ヒュッテには最近ネットなどで話題の日本一高いところにあるパン屋さん
があります。お値段もお高いですが…
P1010653
美味しそうな匂いにつられてボルシチランチ。パン美味しいdelicious

P1010654
下りはのぞき方面へ。こちらのリフトは急です。
四十八池方面への登山道もありそちらも行ってみたいな。
P1010655
リフトの次はスカイレーター。これは歩いたほうが早い。

P1010657
一沼散策。赤とんぼ
P1010661

静かで本当に平和な場所でした。

P1010668
紅葉も始まりどこを歩いてても幸せ。
P1010672
歩き疲れて木苺ソフト
遠くに発哺温泉が見えます。
スキーで野沢温泉へ行ったこともありますが、ここを通ってたんですね。
記憶ないcoldsweats02






















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

«2017.9.3~7 霧ヶ峰・島々から徳本峠 霞沢岳 上高地 乗鞍高原