« 2017.3.1~2そうだ!京都へ行こう | トップページ | 2017.6..27~7.1利尻山・礼文島 »

2017年4月28日 (金)

2017/4/24~26 休暇村支笏湖

 夏、北海道へ登山に行くとたいてい最後の夜は支笏湖にある休暇村で
のんびりタイムを作っていました。
姉と姪にその話をしたらぜひ行ってみたいとのこと。

冬季は札幌の雪まつりツアーも組まれているらしくそちらも検討しましたが
日程の都合がつかず、春に行こうと昨秋から約束していました。

昨春から北大の大学院に行っている姪の息子、未来のノーベル賞候補卵君
にも会えるかな?

福岡、千葉、愛知から新千歳空港に集結。
飛行機は国東半島を過ぎ、山口県を横断して日本海側へ。
晴れていて日本地図そのままの地形が手に取るように見え退屈すること
がなかった。
山々はまだ雪の中。
氷ノ山、白山、富山湾、北アルプス、飯豊山、朝日連峰。と素晴らしい雪山。
とりわけ鳥海山は近くて大変クリアでした。
P1000598
やがて八甲田山、下北半島から海を越えて北海道へ。

空港へ降りたとたん「寒~い」
無事3人と落ち合ってバスで支笏湖へ。
P1000600
湖の当たりを散策。樽前山、風不死岳。  夏登りました。
樽前山は阿蘇のような山。風不死岳は結構奥が深かった。
P1000603
休暇村とビジターセンターをつないでいる山東鉄橋
王子製紙が使っていた産業遺産。
P1000608
船に乗って海底見学。広い湖のホンの一角見せてくれただけですが、
湖は大昔の噴火口。湖底に柱状節理が見られます。
深いところは300m位あるそうで水の色ががらりと変わります。
ここは湖岸から近い。
P1000614
ホテルの周りは自然がいっぱい。
何と日本の野鳥の3分の1が見られるそうです。
スタッフも感じがよくて非常に親切。皆さん自然が好きみたい。
窓から小鳥の餌台に来る鳥たちを見ているだけでまったく退屈しません。
この鳥はゴジュウカラかな?
地面をつついているのはシメ。なかなか会えない小鳥さんです。
Img_20170425_100213
いたるところにフキノトウ。
つくしとフキノトウ少し持ち帰りました。美味しかった。
桜も開花はまだまだでした。
新緑の頃もきれいでしょう。

温泉三昧、グルメ旅。

先週の京都一周トレイルで消費したカロリー5000キロカロリーは
今回の旅で補ってあまりがありそう。
P1000629
新千歳空港で広々とした北海道の景観を楽しむ。
今回は研究者卵君には彼が忙しくて会えませんでしたが次回また来よう!
この冬の北海道は格別寒かったらしく凍え死にそうと言ってきましたが
凍え死ぬことなく頑張って!!

ホテルのスタッフさんから全国に休暇村は37か所あるからまだ36回
集まれますよと言われました。姉も私もそこまで生きてられないなあ。











|

« 2017.3.1~2そうだ!京都へ行こう | トップページ | 2017.6..27~7.1利尻山・礼文島 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017/4/24~26 休暇村支笏湖:

« 2017.3.1~2そうだ!京都へ行こう | トップページ | 2017.6..27~7.1利尻山・礼文島 »